パジャマ通販のパジャマ屋 > 特集ページの一覧 > 突然の入院でも慌てない!経験者に聞いた入院準備リスト > ここがポイント入院パジャマ




〜ここがポイント入院パジャマ編〜




診察しやすい前開きパジャマ ≫

簡単な診察が毎日あることが多いので、
病院から指定されることもあります




胸パッドつきでストレス軽減 ≫

下着を着けなくても胸が気にならないから、
術後も安心 検査やリハビリ時にも◎


半袖や袖口ゆったりで点滴対策 ≫

点滴や採血の時に袖がめくれなかったら大変です!半袖や袖口ゆったりで対応を


ワンピースでウエストフリー ≫

外科手術のあとなどは、ネグリジェのゆったりした感じがお腹にさわらず快適


ルームウェアのようなパジャマ ≫

ルームウェア感覚で選べば、
お見舞い対応も安心♪











入院中は診察や検査、術後処置など前をあけることが多いので、前が全開になる前開きパジャマが良かったです。
体を清拭してもらう時なども脱ぎ着がしやすく、点滴をしている時などは一人で着がえができないので、
着がえの補助がしやすい「前開きのパジャマを」と病院から指定された方もいるようです。

ケガの入院の場合もかぶりタイプだとなにかと大変ですし、出産の入院の場合も前開きの方が授乳がしやすいのでおすすめします。
また、病院は基本冷暖房完備ですので、比較的薄手で乾きの早い素材が良かったです。









入院中と言えども、面会の方が訪れる時や、売店に買い物に行く時、病室を1歩出ると男性もいますし、検査やリハビリなどで人の大勢いるロビーを通らなくてはいけなかったりするため、下着をつけていないと人目が気になりました。
かといってブラジャーをつけるのもストレス・・・そんな時胸パッドつきのパジャマをみつけてとても助かりました。










長袖パジャマなら、袖がしっかりひじの上までまくれるかどうかは重要なチェックポイント。
採血の時しっかりまくれなくて、手首から採血された時は痛かった!上を脱いで対応しなくてはならないのも大変です。

ゆったりとした袖口のものを選びましょう。また、病室は空調が整っていますので、点滴や治療用のカテーテルを
たくさんつける場合には、半袖+羽織り物がgoodです。冬でも夏のパジャマが買えるのがネットのいいところですね♪









婦人科系や出産の場合、診察を受ける時に丈のあるワンピースタイプだと安心です。

また手術を受けた後は腹部を締めるものは避けた方が良いので、ゆったりめのワンピースタイプがあると便利ですね。
男性が着られるワンピース(スリーパー)はなかなかないので男女兼用ワンピースは助かりました。









数枚用意するパジャマのうちの1枚は、ルームウェアのようなお部屋着パジャマを用意しました。
症状の軽い日やお見舞いの方が来る日などに着ると、晴れやかな気持ちになります。
もちろん退院してからも着られますし、退院時にも着られるようなアウターパジャマなら荷物も減らすことができますね♪














参考 全国健康保険協会 日本医療社会福祉協会



入院時に着用するパジャマを選ぶ際の大切なポイントをご紹介しているページです。診察の際、点滴の際など、実際に入院した時にパジャマに求められる重要ポイントをお伝えしております。
パジャマ専門店 パジャマ屋の本店サイト。