パジャマ通販のパジャマ屋 > 季節の商品 > 盛夏向き > 冷房対策

冷房による冷え
冷房による冷え
室内が冷え過ぎて、室外との温度差(±5℃が理想)が大きくなると、自律神経の働きが鈍くなり、体温調節が上手く出来なくなります。
夏場の冷えは軽視されがちですが、そのままにしておくと重症化する恐れがあり、美容にとっても大敵です。生活習慣や食生活を見直して、冷えにくい身体にすることはもちろん、冷房とうまくつきあう方法も必要なことですね。
冷房病って?

冷房病の症状夏になると暑さのせいか、なんとなく疲れが取れないような感覚はありませんか?
太陽の下にずっといると体力を消耗する、という原因もありますが、クーラーで冷えすぎたりしていることも原因かもしれません。
冷房病の症状はさまざまな形で現れます。
【1】手足の冷え
【2】肩こり、頭痛、下痢、便秘、生理不順
【3】めまい、だるさ、疲れやすい
その他にも、食欲不振、のぼせ、神経痛、不眠、肌荒れ など。中には気づかないうちに…というものもあるようです。
冷房病って?『冷房病』とは、クーラーによって体が冷えたり、だるくなったりなど、さまざまな症状を総称したものですが、医学的な病名ではありません。主に冷房が原因として起きる「自律神経のバランスが乱れた状態」のことを指します。
では、実際冷えすぎた身体の中では、いったいどんなことがおこっているのでしょう。

室内が冷え過ぎて、室外との温度差(±5℃が理想)が大きくなると、自律神経の働きが鈍くなり、体温調節が上手く出来なくなるのが原因と言われています。自律神経のバランスが乱れると、体がなかなか温まらず、汗をかきにくくなります。

すると、乳酸などの疲労物質が体内にたまるため、だるさや疲れやすさ、夏バテの原因となるのです。また、血液の流れや心臓の動き、胃腸の働きなども乱れるため、全身にさまざまな症状が起きるのです。
たかが冷房の冷え・・と放置してしまうと発汗等の身体にとって重要な体温調整機能が元に戻らず、その後何年間も体調不良に悩んだり、風邪などの様々な病気にかかりやすくなってしまうこともあるため、きちんと対策をすることが必要です。
冷房病になりやすい人

夏の冷え性【冷房病】冷えやすいのは体質と思っている人もいるようですが、生活習慣が原因で体の冷えを招いているケースがかなりあります。逆に言うと、ちょっとした生活習慣の改善で予防が出来る病気です。ご自身の生活習慣にあてはめて考えてみましょう。冷房病になる要因
同じ環境の下でも、冷えによる体調不良を起こしやすい人と、比較的症状がでにくい人がいますよね。ではその違いは何なんでしょう。冷房のほかに冷えの原因となりやすいものをあげてみます。

体を締めつけるきつい下着やハイヒール、冷たいものの摂り過ぎ、不規則な生活、過労、睡眠不足、ストレス、栄養の偏った食事、運動不足、喫煙など。

とかく夏は暑いので、お手軽なシャワーで済ませがちになりますが、冷えを改善するためには、ぜひ入浴をお勧めします。ぬるめのお湯にゆっくり浸かるのが一番。体を芯から温め、血行をよくし、自律神経を整え、ストレスの解消にもなります。みずおちのあたりまで浸かる半身浴や、ひざ下までお湯につける足湯も効果的です。

夏には冷やし中華やソーメンといった、冷たいものを食べたくなります。
ところが、ほとんどの場所ではエアコンがきいていて、冷たいものを食べると体を内外から急速に冷やすことになります。エアコンのきいた場所では、少し汗ばむくらいの温かい食べ物をとるようにしましょう。
しょうが、にんにく、ねぎ、とうがらしなどの香味野菜や香辛料 を活用するのもいいですね。
飲み物も同様で、暑いからといって冷たい飲み物ばかり飲むのではなく、オフィスのティータイムでは、暖かい飲み物を飲むなど、らしの中でできることを毎日続けていくことも大切なことです。
自宅で出来る冷房対策

エアコン
エアコンの設定温度に注意!
24℃以下は冷えの原因。

エアコンの設定温度は、25〜28℃が良いとされています。24℃以下だと冷えの原因となりますし、28℃を超えると熱中症の危険が高まります。
外気温との差が大きいと、外出時の体へのストレスも強くなりますので。外気温マイナス3〜4℃もひとつの目安にしてください。

リモコン
除湿運転を上手に使う。
湿度50%を保って快適さup

室内の湿度を50%程度に保つことが出来れば、室温は28℃でも暑さを感じないと言われています。
最近では、湿気を取っても肌寒くなりにくい快適性を追求した再熱除湿方法等もあります。エアコンを買う際に、その機種の『除湿』が『弱冷房除湿』なのか『再熱除湿』なのか確認し、上手に使い分けるといいでしょう。

外出先での冷房対策

夏の冷房どこが苦手?
夏の冷房どこが苦手?
□スーパー
□映画館
□宿泊施設
□電車・バス
□レストラン
夏場の冷房が苦手な場所として、スーパーや電車などの公共交通機関、映画館やレストラン、宿泊施設などがあげられます。
「スーパーを苦手」とする人は特に多く、毎日の買い物で頻繁に利用する場所だからこそ、問題意識も大きいのかもしれません。
冷房が効いているうえに冷凍食品や生鮮食品売り場からの冷気を感じるので、スーパーに買い物に行くときには、あらかじめ冷房対策をしていく人も多いようです。

最近の鉄道各社では弱冷房車を設定していることもあるので、調べてみるのも良いでしょう。
オフィスやレストランでは風が直接当たらないように席をずらしたりするのもひとつの対処です。
また、最近では子供の冷え性が増えています。子供の平均体温は、昔に比べて1度ほど下がっており、朝食を抜く子供が増えている事が関係しているとされています。
お子さんと一緒のおでかけにも、しっかりとした対策が必要ですね。
冷房対策必須アイテム

持っていれば安心♪冷房対策の必須アイテム

冷房対策の救世主暑い季節もおしゃれで快適に過ごせるストール&カーディガン。軽くてシワにもなりにくい素材なら携帯にも便利。コーディネートしやすいことはもちろん、デザインや素材選びも肝心です。

薄手のストール│肩から羽織って肩かけにしたり、ファッションのアクセントにも
羽織りもの│バッグの中でもかさばりにくい薄手の羽織り

オフィスや車に常備する

オフィスや車に常備するオフィスに1枚置いておいたり、車に常備しておいたり、冷房がきいている場所ではしっかりとした対策が必要です。いざと言う時にも役立って、冬の寒さ対策にも使える便利なアイテムを、夏にも活用しましょう。

ブランケット・ベスト│冷房が強めの場所で、一枚あると便利

内蔵型冷え性

内蔵型冷え性内蔵型冷え性というのは、身体の中が冷えている状態。涼しいところにいるとお腹が冷えてつらい。二の腕、ももが冷える。手足の先は温かいのに冷えを感じる。という方は内蔵型冷え性かもしれません。体温計を脇にはさんで10分間計るとわかる内蔵の温度…36.3℃以下の場合、内蔵型冷え性予備軍の可能性があります。


みっつの首をあたためる

みっつの首をあたためる3つの首は皮膚が薄く、温めると皮膚下を流れる血液も同時に温まり、その血が流れることで体が温まると考えられています。また、血行不良を改善する三陰交というツボや、風池や風門など、冷やすと風邪をひきやすくなるという“風”のつくツボが多くあることから、みっつの首を冷やさないことが、冷え防止にとって大切なことだとされています。

ネックウォーマー・ロング手袋│首・手首の冷え対策に!
足元の冷えに│足首・足先を冷房の冷えから守る!

参考資料
環境省ホームページ
ダイキン 全国700名に聞いた「夏場のエアコン利用と健康管理」
経済産業省 節電ポータルサイト

冷房病、冷房対策に有益な情報と冷房対策にオススメのグッズをご紹介するページです。首や足元の冷え対策に便利な商品や車やオフィスに常備しておくと、いざと言うときに重宝するアイテム、気軽に羽織れる夏用の上着等。
パジャマ専門店 パジャマ屋の本店サイト。