パジャマ通販のパジャマ屋 > 特集ページの一覧 > 突然の入院でも慌てない!経験者に聞いた入院準備リスト

突然でも慌てない、入院準備

突然でも慌てない、入院準備

入院経験者に聞いた

入院準備と体験談

出産や検査入院などは事前に準備ができますが、急な体調不良やケガなどで突然入院になってしまった場合は「何を準備したらいいんだろう?」と慌ててしまいますよね。

ご自身の入院、ご家族の入院、病気なのかケガなのか、それぞれのケースによって違いはありますが、少しでも快適に過ごせるよう、慌てずに準備を進めましょう。
  • 入院パジャマと選ぶポイント
  • 入院中の必需品と便利なもの

入院準備リスト

入院が決まったら、まずは病院から指示された持ち物の案内をしっかり確認し、提出書類や各種保険証などを忘れないようにしましょう。
診療科や治療・手術の内容などによって必要な準備品やパジャマの形などが異なります。 ここでは一般的な病気での入院を想定してリストを掲載しています。

必要なもの

必要なものリスト(1週間以内の短期入院)

あると便利なもの

あると便利なものリスト(1週間以上の長期入院)

下着は普段から袋にまとめて

下着は普段から袋にまとめて

書類を書くことも多い

書類を書くことも多い

本もたくさん読むチャンス

本もたくさん読むチャンス

パジャマと羽織りもので

空調の効いた病院内では、基本的に薄手のパジャマ(入院着)とちょっとした羽織りもので過ごすことになります。
レンタル病衣は緊急入院時にはとても便利ですが、いかにも “患者” という感じがして、鏡を見るたびに落ち込む……ということも。
病室ではいつものお気に入りのパジャマ、診察や検査で院内を移動するときは明るい色のカーディガンを羽織るなど、入院生活を少しでも快適にリラックスして過ごせるように準備しておけるといいですね。

お肌に優しいパジャマを

お肌に優しいパジャマを

健康なときのお肌には、周りの刺激から体を守ってくれるバリア機能が備わっています。 しかし、病気や怪我でバリア機能が弱まると、ちょっとした刺激でピリピリ感やかゆみを感じるようになることも。
お洗濯の手間を考えるとレンタルの入院着は便利ですが、ゴワゴワしていることが多く、長期入院になるとレンタル代もかさみます。
病院への持ち込みが可能で定期的なお洗濯ができるなら、お肌に優しいパジャマを用意しておきましょう。 退院後の自宅療養や在宅看護中にも長く使えます。

入院パジャマのポイント

入院パジャマのポイント

診察しやすい前開きパジャマ

聴診器を胸に当てるなどの簡単な診察が毎日あることも。 そのため前が全部開くようなパジャマを病院から指定されることもあります。

胸パッド付きで女性のストレス軽減

乳がんなどの術後すぐにブラジャーを付けられない時、胸パッド付きパジャマなら安心です。 取り外しできて締め付けないタイプが◎

「入院パジャマ」をもっと見る

羽織りものと柔らかいタオル

羽織りものと柔らかいタオル

入院中に便利な羽織りもの。 診察や検査で院内を移動するときも、お見舞いの方が来られたときも、パジャマの上からさっと羽織るだけ。 点滴や採血・注射などで袖が邪魔になるなら、半袖パジャマにカーディガンや広めのストールを肩にかけるだけというのもあり。
タオルは柔らかくて肌触りの良いものを。 入浴時や肌掛け・シーツ代わりに使えるバスタオル、洗面時や枕カバーとしても使えるフェイスタオル、手元に置いて体や顔をすぐに拭くことができるハンドタオル。 いろいろなサイズが何枚かあると便利です。

「羽織りもの・タオル」をもっと見る

おすすめの入院パジャマ 3選

お肌に優しい柔らかいガーゼ、ちょっと伸びて寝返りしやすいストレッチ、空調の効いた病院内でも過ごしやすい薄手の長袖パジャマ。 診察のときに便利な前開きタイプで、ウエストゴムも良く伸びて締め付けの少ない仕様です。
高品質で長く使える商品

入院のことを考えて作った女性用パジャマ
“パジャマドンナ”

“ノビーゼ”ストレッチ2重ガーゼ胸パッド付きパジャマ

胸パッドが付いているので、ブラジャーなしでも大丈夫。
入院や療養、乳がんの手術後ケアにも快適なレディースパジャマ。
・点滴や採血をするときもまくりやすい広めの袖口&パンツ裾
・裏の縫い代は肌当たりが優しい袋縫い
・診察券やサニタリーグッズが入れやすい大きめのポケット
・締め付けないウエストゴム
・気分が明るくなるようなカラーバリエーション

入院中の女性が快適に過ごせるようにこだわった工夫がたくさん♪

16,500

突然の入院で困ったら

災害と同じように、病気やケガも、いつ自分の身に降りかかるかわかりません。 他人事と思わずに日頃から準備しておくことが大切です。

事前の準備が大事

事前の準備が大事

一人暮らしの方や、家族が遠方に住んでいて手助けを望めない時、頻繁な面会ができない状況など、どうしても困ったという時には、入院時に必要になるパジャマ・タオル・日用品をレンタルできるサービスもあります。
しかし、できれば普段から、下着・パジャマ・タオルなどをまとめておいたり、ティッシュや歯磨きセットなど日用品の予備をストックしておくと安心です。

不安を専門家に相談

不安を専門家に相談

入院費や退院後の生活費が心配という声もよく聞かれます。 いざというときのために、保険や貯蓄を見直したり、医療費の助成制度について調べておくのも安心材料になります。
また、病院には医療ソーシャルワーカーという方がいます。 急な入院で医療費・生活費などが心配、退院後の生活が不安など、さまざまな問題の相談に乗ってくれますので、お話をしてみるのも良いですね。

入院準備に必要なもののリストをご紹介しているページです。入院時に必要なもの、あると便利なもの、入院用のパジャマのポイントについて経験者の体験談を交えてをご紹介。
パジャマ専門店 パジャマ屋の本店サイト。