パジャマ通販のパジャマ屋 > 季節の商品 > 盛夏向き > 打倒夏バテ!元気なカラダ

夏バテしないために

夏バテしないために

自覚がなくても要注意

打倒!夏バテ

体がだるい・食欲がない・疲れやすい・寝不足など、夏の暑さによる体調不良を「夏バテ」と言います。
7月の梅雨明け頃から始まり、盛夏を過ぎて夏場の疲れがピークに達するお盆休み明けの8月下旬頃に最も症状が出ることが多くなります。
自覚症状がなくても着々と疲れが体に蓄積しいているかもしれません。
しっかりと予防・対策をして、夏バテに負けない元気な体を目指しましょう。
  • レディース パジャマ&ワンピ
  • メンズ パジャマ&スリーパー
  • 風呂上がり 甚平&お寝間着
  • ブランケット

夏バテの原因って?

1.急激な温度差

急激な温度差

人間の体温調節機能を制御している自律神経。 暑い屋外にいるとき汗を出して体温を下げる働きをします。
ところが、30度を超えるような暑い屋外から冷房でよく冷えた室内に入ると、急激な温度差に自律神経の対応が追いつきません。
そんな状態が続くと、夏バテの症状があらわれやすくなります。

2.発汗による脱水

発汗による脱水

身体の中から出ていく汗には、水分だけではなくミネラルも含まれています。 体のコンディションを整える役割を担うミネラルですが、実は人間の体内で生成することができません。 そのため、汗でたくさんのミネラルが失われると、夏バテや熱中症になりやすくなります。 さらに、夏の夜間は汗をかく量が多いため、寝ている間に脱水症状になってしまう危険性も。

3.猛暑が招く胃腸障害

猛暑が招く胃腸障害

暑い日は冷たい飲み物をきゅーっと飲みたくなりますね。
冷えた飲み物を一気に流し込むと、のどごしとしては最高に気持ち良いのですが、胃腸を冷やしダメージを与えてしまいます。
さらに、冷房の効き過ぎでも胃腸を冷やして食欲不振を招くことに。

夏バテ防止 対策・解消法

1.エアコンと上手に付き合う

エアコンと上手に付き合う

環境省は室内温度28度を目安にエアコンを調節するよう推奨しています。 除湿機能や、扇風機・サーキュレーターの併用もおすすめ。
夜間熱中症を防ぐため、寝る前にコップ1杯の水を飲み、通気性・吸水性の良いパジャマや寝具を使って、体に風が直接当たらないようエアコンを上手に使用しましょう。
また、外出時には冷房の強い場所で使える羽織りものなど用意して出かけましょう。

2.お風呂と運動

お風呂と運動

夏の不調の原因である「冷え」。 リラックスして自律神経の乱れを整え、体を芯から温めて血行を良くすることで改善できます。
シャワーで済ませず、ぬるめのお湯にゆっくり浸かったり、半身浴や足湯をするのもおすすめ。
また、適度な運動をして軽く汗をかくことで、体温調節機能を刺激することもできます。

3.水分補給とHOTな食べ物

水分補給とHOTな食べ物

朝・入浴後・就寝前に常温の水を飲む習慣をつけ、温かい飲み物も積極的に飲むようにしましょう。 時にはナトリウムやカリウムなどのミネラルが含まれた経口補水液の利用もあり。
体を冷やす夏野菜は、冷たい生食だけでなく、調理して温かい料理にしたり、食欲を増進し発汗を促す生姜・にんにく・ねぎ・唐辛子などの香味野菜や香辛料を活用して、胃腸を冷やしすぎないようにしましょう。

【夏パジャマ・夏ギフト】のトップページへ戻る
夏バテに関する情報や夏バテ予防の対策グッズをご紹介するページです。夏の熱帯夜でも涼しく爽やかに眠れるようなサラッとした夏用パジャマや、汗をかいてもムレずにサラサラ柔らかいガーゼ素材のルームウェア、冷房や冷たい食べ物・飲み物でお腹を冷やさないためのグッズなどのオススメ品もご紹介。
パジャマ専門店 パジャマ屋の本店サイト。