冷え対策グッズ 防寒 │ パジャマ屋

冷え対策グッズ、防寒にオススメの冬用の暖かいルームウエアをご紹介するページです。お困りの寒さのタイプ別にお薦めしたいあったかアイテムをご提案しております。足元の冷えでお困りの方、腰回りの冷えでお困りの方、首からの冷えでお困りの方等にパジャマ屋のとっておきの暖かい防寒グッズをご紹介しております。

パジャマ通販のパジャマ屋 > 季節の商品 > 真冬向き > タイプ別冷え対策であったかライフのお手伝い













これからむかえる寒い冬。あたたかく、気持ちよく過ごしたいですね。
冷えは万病の元とも言うように、からだを冷やすとさまざまな不調を引き起こします。
内臓の機能が衰え、血流が悪くなって肩こりや頭痛を引き起こすだけではなく、
婦人科疾患や脳血管障害、心疾患などの重大な病の根源とも言われています。

また、からだを冷やさないためには、「締め付けない」ということも重要なポイント。
タイツやブーツなどで足を締め付け続けると、
血液循環が悪くなり冷えやすいからだになってしまうのです。

冬の朝に布団から出られないあのぬくもりのように、
一度着たら手放せなくなるような、自分の体温がからだ全体をゆったりと包み込むような・・・
そんなほっとするぬくもりをお届けしたいと思っています。

ほっこりルームガウン


















みっつの首とは「首」「手首」「足首」のこと。ここを温めると血流がよくなり、冷えを防ぐと言われています。なかでも血流が悪くなりやすい首回りは特に大事です。首にある「大椎」というツボは自律神経のを整える働きや冷えとりの効果もあるとされています。風邪のひき始めに首の後ろや背中がぞくぞくっと感じること多いですよね。漢方では風邪は首の後ろあたりから入ってくると考えられているそうです。後頭部から背中にかけて「風」のつくツボが多くあることもあり、そのあたりを出来るだけ外気のさらさないことが大事なんだとか。

首回りをしっかりと包み込む暖かいパジャマで、ご自分のからだをいたわってあげて下さいね。

2wayネックウォーマーパジャマ












冷えと寒さは違うということをご存じですか?「寒さ」は温度が低いときに感じるもので、「冷え」は足腰などが冷たく感じる症状のことです。冷えをとろうとして上半身を着こんでしまうと、上半身と下半身の温度差がますます開いてしまいます。冷えをとるためには足元を温め、上半身と下半身の温度差を少なくすることがポイント。そうすることにより身体全体の血行が良くなり冷えが改善されるのです。また、カチカチになった角質は血液の届かないので、かかとの角質ケアをすることでも冷え対策になるそうです。

体の一番下に位置する足の部分は、引力の影響でどうしても血液が溜まりやすく、むくみやすい箇所となります。足元を温めると全身の血行が促進され、免疫力や代謝もあがり健康に良い状態がつくられます。就寝前に足元を温めることにより、寝つきも良くなります。朝までぐっすりおやすみいただけますように、夜のリラックスタイムには足元あったかアイテムを取り入れることがおすすめです♪

ダウンルームブーツ




まだまだあります♪腰回り&足元あったかアイテム










おなかや腰の冷えは内臓の冷えと言えます。内蔵型冷え性というのはからだの中が冷えている状態。内臓に十分な血液が届いていないということです。それにより内臓機能が停滞してしまうという危険な冷えなのです。女性は子宮や卵巣もあり、男性より臓器が密集していますから、特に血行が悪くなりやすいんですね。その結果婦人科系疾患になるリスクが高まってしまうのです。下半身の冷えにより女性ホルモンの分泌に異常が生じると、シミ、シワ、くすみなどの原因にもなります。女性・男性ともに、他にもさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。腎臓が冷えて機能が低下することによる膀胱炎や、胃腸が冷えて機能が低下することによる機能性胃腸障害など。

身につけているだけでおなかや腰を温められるものは、普段のスタイルにどんどん取り入れることをおすすめします。

ダウン巻きスカート




まだまだあります♪腰回り&足元あったかアイテム









人の免疫力や抵抗力といった力は、体温と密に関係しているのですが、体温が下がると、抵抗力・免疫力も低下します。免疫力や抵抗力は、体を温めることで向上します。したがって風邪の対策としては、うがい・手洗い・加湿などの対策に加え、温かくして血行を促進し、体温を下げないための対策が有効といえます。

血行不良の一番の原因と考えられているのが、「筋肉」です。筋肉の収縮は、血液を全身に送るポンプのような働きをするため、筋肉量が少なかったり、筋肉の動きが小さかったりすると血行不良に陥り、冷えが起こります。
入浴に関しては、湯冷めをしないように、脱衣所を温かくしたり、水滴をしっかりと拭き取ったり、入浴後に外出を控えたり、といった措置も大事になってきます。インフルエンザの流行のピークは1〜2月!ノロウィルスなどの冬の感染症も心配です。温かくして、血行を促進し、風邪の予防に努めましょう!

ダウンルームガウン




まだまだあります♪あったかパジャマ&ウェア










暖房器具は11月〜3月ぐらいと、冷房よりも使う期間が長いので、ちょっとの節約でも大きな効果が期待できますよね。窓に貼り付ける断熱シートを利用したり、カーテンを冬用に変えてみたり。今はエコ使用の暖房器具が出ていますので、新しく買い換えるのもひとつの方法ですね。暖房費の節約には厚着が基本です。シャツの上にカーディガンを1枚羽織るだけでも、体感温度は2.2度上昇するそうです。保温性の高いアイテムを利用すれば、暖房だけに頼らずお過ごしいただけるので、大幅な暖房費カットが出来ると思いますよ♪

ちょっと肌寒さを感じた時、暖房を付けようかどうか迷った時、さっと羽織れる1枚があるととっても便利で経済的です。


ルームベスト
ルームジャケット




まだまだあります♪あったかな羽織りもの



冷え対策グッズ、防寒にオススメの冬用の暖かいルームウエアをご紹介するページです。お困りの寒さのタイプ別にお薦めしたいあったかアイテムをご提案しております。
パジャマ専門店 パジャマ屋の本店サイト。