ダンディでいてほしいお父さんへの贈り物に、大判ストールなどどうでしょう?

こんにちは。スタッフのえみです。
突然ですが、この言葉をご存知ですか?

「20歳の顔は自然の贈り物。

50歳の顔はあなたの功績」

有名ブランド“シャネル”の創業者、ココ・シャネルの残した言葉です。
私はこの言葉が大好きで、事ある毎に思い出すようにしています。例えば、「女は若い子に限る!」と豪語する酔っぱらいに絡まれた時など(笑)

このシャネルの言葉は、30代以上ならどんな方にも響くのではないでしょうか。特に男性は、シワや白髪も天然のおしゃれ素材として使えるし、中高年からこそ魅力も増してくると思うんです。
それなのに「もう年だから」と言って年中ジャージで過ごしているなどもったいないと思いませんか?
そうです、あなたに言っているのですよ、お父さん。

現役時代に会社の制服やスーツばかり着てきたせいでしょうか。私服を見るとなんだか悲しくなることに、最近になって気がつきました。娘としては親にはいつまでも元気で若々しくいてほしいものです。シミやシワで年齢は隠せなくても、装い一つで印象は変わるし、好きな服を着れば気持ちも姿勢も明るくなるというものです。

そこで思いついたのが、おしゃれグッズを贈ってみるということでした。
最初に贈ったのは薄手のショール。簡単な巻き方の見本画像もプリントアウトしました。効果は抜群! 次の日には早速ショールを巻いて、ショールに合うようにジャケットも選んで、スニーカーじゃ似合わない、と靴箱から革靴を引っ張り出してきていました。
おしゃれを思い出した父には、上級編として今度はストールを贈りたいと思います。

 薄手の正方形でアレンジしやすいチェック柄 大判ストール【PRISTINE プリスティン】
薄手の正方形でアレンジしやすいチェック柄 大判ストール【PRISTINE プリスティン】

ストールと言えば様々なアレンジ方法を楽しむのも醍醐味ではありますが、父にとっては“簡単に手早く巻けてカッコイイ”ことが重要のようなので、一発でバッチリ決まる正方形のストールを選びました。プリスティンのチェック柄・大判ストールは淡いグレーが落ち着いた印象で、高齢の父にも似合いそうです。

異なる色の縦糸と横糸で織られた、深みのある模様が上品でイイ感じです。上質さと上品さは、年を重ねれば重ねるほど欠かせないポイントになってきますよね。
オーガニックコットンとヤクの毛の混合素材は保温性に優れているので、きっと冬場はヘビロテになることでしょう。

冬物を贈るには季節はずれな気もしますが、冬本番になるまでにストールのカッコイイ巻き方をマスターしてもらえたら、と思っています。

巻き方は、パジャマ屋H.Pのモデルさんを参考にしてね、お父さん。

薄手の正方形でアレンジしやすいチェック柄 大判ストール【PRISTINE プリスティン】
薄手の正方形でアレンジしやすいチェック柄 大判ストール【PRISTINE プリスティン】
https://www.pajamaya.com/fs/pajamaya/31369525

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA