寝返りの話〜パジャマ、寝巻き編〜

こんにちは。スタッフのミントです。

もう少し寒い日が続きそうですが、寒さに負けず元気に過ごしてますか?

みなさんは朝起きた時に、スッキリと目覚められますか?
「あーよく眠った」「疲れが取れてスッキリした」という気分で目覚めることができる人って意外と少ないのではないでしょうか。
「熟睡できた感じがしない」「寝て起きたはずなのに、なんとなく疲れが取れていない」という気分で目覚める人は、睡眠の質が低下しているのかもしれません。

快適な眠りと温度・湿度

気持ちよく熟睡するためのひとつの条件として温度・湿度があります。

たとえば寒い夜、布団の中に入ってもいつまでたっても身体が温まらないということってありますよね。
手足が冷えたままだとなかなか眠れなかったりします。
反対に暑すぎてしまうと、夜中に何度も目覚めてしまったりして熟睡できません。

心地よく眠るための布団の中の温度は約33度、湿度は50%ほどと言われています。
たとえ冬でも寝ている間に人は汗をかいています。
その汗がたまったままだと布団の中の湿度が上がってしまい、気持ち悪くて熟睡できなかったりするのです。

寝返りで眠りのサイクルを整える!?

さて、寒い季節はどうしても厚着をしたくなるものですよね。
ただ、何枚も衣服を重ね着して寝るのは、実は熟睡の妨げになってしまうんです。
モコモコの厚手の生地を使ったパジャマを着たり、何枚もの衣類を重ね着したりすると、寝返りがスムーズにできなくなってしまいます。

寝ている間に誰もがする寝返り。
この寝返り、熟睡する上でとても大切なものなんです。
人は寝返りをすることで、レム睡眠とノンレム睡眠を切り替えています。
浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠を規則正しいリズムで繰り返すことで、脳や身体がきちんと休まります。

また、ずっと同じ姿勢で寝ていると腰や背骨にゆがみが生じたり、血液の循環が悪くなってしまいます。
寝返りをするとそれらの身体の不調を改善することができます。

みんなに大切な、寝返り

そんなたくさんの役割を担っている寝返りですから、できるだけスムーズに寝返りすることができるようにすることが大切になってきます。
そのためには寝具やパジャマを寝返りしやすいものにする必要があります。

寝返りしやすいパジャマを選ぶ

モコモコ素材のパジャマや、厚手のパジャマ、何枚も重ね着した状態…これではなかなかスムーズに寝返りをすることができません。
その結果、熟睡できず、朝目覚めた時に疲れが取れていないと感じてしまうことにもなってしまいます。

夜寝る時のパジャマは、汗を吸いやすい薄手生地のものを選ぶようにしましょう。
重ね着をすると汗が蒸発しにくく、布団の中で湿度が上がってしまうので、重ね着も避けるようにします。
もちろん重ね着は寝返りの妨げにもなってしまいます。
ゴワゴワして動きにくく身体の動きを制限してしまう重ね着は、寝返りの邪魔になってしまうので注意が必要です。

寝返りしやすく、温度・湿度を快適に保つパジャマを選ぶことは快眠のための大きな一歩となります。
おすすめなのは、やはり天然素材であること。
汗をきちんと吸って、その湿気を放出する効果にすぐれたパジャマだったら、寝ている間に汗をかいても快適に眠り続けることができます。

そして、身体を締め付けないゆったりサイズで、寝返りをする時に邪魔になるような装飾の無いものを選びましょう。
ある程度のストレッチが効いた素材を使ったパジャマだったら、寝返りをする時の身体の動きを制限することがありません。

様々なウイルスが活発になるこの季節。
しっかりと質の良い睡眠をとって、抵抗力をつけて元気に乗り切りたいですね。

ちょっと伸縮・満ちるしあわせ ストレッチ2重ガーゼパジャマ “Nobieee ノビィ”
ちょっと伸縮・満ちるしあわせ

ストレッチ2重ガーゼパジャマ “Nobieee ノビィ”
https://www.pajamaya.com/fs/pajamaya/c/0000000698

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA