食べ物が日焼けを招くことがある?! 日焼け予防と食べ物の話し

こんにちは。スタッフのミントです。
少しずつ、日差しが春めいてきましたね。
天気がいいお休みの日は、なんとなく公園を散歩したり、ちょっとドライブに出かけたりと、屋外で過ごしたくなるものです。
でも、暑すぎず寒すぎない快適な日とは言っても実は注意したいことがあります。
それは、紫外線。
紫外線は夏にだけ強くなるものではなく、実は春先からすでにかなり強くなっているということ、ご存知ですか?

紫外線と食べ物の関係

紫外線を防ぐために日焼け止めは欠かせません。
でも、どれほど日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりしても、防ぎきれないのが紫外線というものです。
そんな強い紫外線からできるだけ肌を守るために、食べ物にも気を配るようにしましょう。
紫外線と食べ物には一見何も関係が無さそうに感じますが、実はそうではありません。
私達が毎日食べている食べ物が意外と日焼けの原因になっていることもあるんです。

日焼けの敵、ソラレン

食べ物に含まれる成分にソラレンというものがあります。
ソラレンは別名『光毒性物質』とも呼ばれており、この成分を取ってからすぐに日の光を浴びると、紫外線を吸収しやすくなってしまうのです。
ですから、朝などの外出前にはソラレンを多く含む食べ物を食べて出かけないようにしましょう。

ソラレンを多く含む食べ物に、レモンやオレンジなどの柑橘系のフルーツがあります。
柑橘系のフルーツにはビタミンCが豊富に含まれていて肌に良いというイメージがあるため、朝のフルーツにオレンジやグレープフルーツを食べている人もいるかもしれませんね。
もちろん柑橘系のフルーツに含まれるビタミンCには美肌効果がありますが、ソラレンも多く含んでいるため、日の光を浴びる外出前に食べることは避けましょう。
他にソラレンを多く含む食べ物として、きゅうりやセロリなどもあります。
朝、生野菜のサラダを食べる人も野菜の選び方には注意が必要です。

とは言え、ビタミンたっぷりのフルーツや生野菜は積極的に摂るようにしたいものです。 食べる時間帯に気をつければ食べてはいけないということはないので、安心してくださいね。
まず、ソラレンは体内に入ってから約2時間ほどで全身に到達します。
ですから、ソラレンを含む食べ物を食べるタイミングは、夕食時にするというのがおすすめです。
フルーツや野菜に含まれるビタミンCには、日焼けしてしまった肌を修復する効果もあるので、帰宅後たっぷり食べるようにするといいですね。

日焼け後に食べたい食べ物

そして、紫外線をたくさん浴びてしまった時に食べると効果を発揮してくれる食べ物もあります。 先ほどお話したビタミン類には、新陳代謝を促進させるはたらきがあります。
また、リコピンやポリフェノールには抗酸化作用があります。
リコピンを豊富に含むトマトやスイカ、ポリフェノールを豊富に含む赤ワインやカカオ、お蕎麦などは、積極的に食べるようにしましょう。

基本的な紫外線ケアも忘れずに

食べ物に気を配って身体の中から紫外線ケアをするのとあわせて、基本的な紫外線ケアも忘れないようにしましょう。
春先から夏にかけては、特に油断できない時期です。
顔だけではなくデコルテ部分や肩、腕などにも日焼け止めをきちんと塗りましょう。
また、帽子や日傘で日よけをすることも効果的です。
スカーフやストール、肘まである薄手の手袋などは、荷物になることもなく紫外線ケアと同時に室内での冷房対策にも使えるので、この時期用意しておくと重宝します。

まだまだそれほど暑くないからと、何も対策をせずに外出してしまうと肌の状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。
紫外線対策は早めに始めるようにしましょう。

ナチュラルに予防しよう 紫外線対策アイテム
ナチュラルに予防しよう 紫外線対策アイテム
https://www.pajamaya.com/fs/pajamaya/c/0000000267

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA