夏の疲れ、秋バテになっていませんか?秋に体調を整える、栄養と食事

こんにちは。パジャマ屋スタッフのミントです。

厳しい暑さも落ち着いて涼しい日が増えても、なんとなく体調がすぐれないという方はいませんか?
秋にはちょうど夏の疲れが出やすく『秋バテ』しやすくなると言われています。
食欲が出なかったり、グッスリ眠れなかったり、様々な不調に悩んでいる方は、まずは食事から見直してみましょう。

今回は秋にオススメの食事や栄養についてお話していきますね。

秋バテってどんなもの?

そもそも秋バテってどんなものなのでしょう。
何が原因でなってしまうものなのでしょうか。

熱があるなど具体的にハッキリした症状はないけれど、なんとなく疲れが取れない。
食欲がない、熟睡できないなど、漠然とした体調不良が秋バテの特徴です。

夏の間、エアコンが効いた冷え切った部屋で長時間過ごしたり、冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂取したりすることで、身体や胃腸が冷え切ってしまい、秋バテの症状は出やすくなります。

また、なんとなく気分が落ち込んだり熟睡できなかったりする症状は『冬期うつ』と言われていて、ちょうど10月頃から冬にかけて発症しやすくなります。
春が来る頃にスッキリと改善することも多く、季節特有の症状と考えられています。
冬期うつは、パンやご飯などの炭水化物や甘いものを好きな人や、食べ過ぎしやすい人などがなりやすいと言われています。

秋にオススメの食材

このように、快適な気候でありながら体調を崩しやすい秋には、毎日の食生活を見直して元気に過ごせるようにしていきたいものです。
夏の間に弱ってしまった胃腸の状態を改善するために、身体を温めてくれる食材を多く食べるようにしましょう。

<青魚>

秋に食べる青魚の定番といえばサンマ。
サンマが食卓に並ぶと「秋だなあ」と感じますよね。
サンマに含まれる良質なたんぱく質には胃腸を温めて疲労を取り除く効果があります。
また、青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、血液をサラサラにし、血栓をできにくくする効果があり、動脈硬化や脳梗塞などの怖い病気から身体を守ることが期待できます。

<さつまいも>

さんまと並んで秋によく見かけるのがサツマイモです。
サツマイモにはビタミンCとビタミンEが多く含まれていて、身体を温めてくれます。
更にビタミンCにはストレスを解消してくれるはたらきもあるので、気持ちが落ち込みがちな冬期うつの予防にも役立ちます。

<きのこ>

今やスーパーに行けば一年中買うことのできるキノコですが、特にこの季節には積極的に食べるようにしたいものです。
キノコにはβグルカンという食物繊維がたっぷり含まれているので、夏の間に疲れてしまった腸内の環境を整えてくれます。
衰えてしまった食欲を取り戻して栄養を摂り、来たるべき冬に備えて免疫力を上げるためにオススメの食材です。

<レンコン>

レンコンはビタミンCがたくさん含まれています。
更にでんぷん質が多いのでレンコンのビタミンCは熱によって壊れにくいという特徴があります。
煮物にしたりスープに入れたりと、温かい料理として食べてもビタミンCを豊富に摂ることができる心強い食材です。

ここに紹介した食材を中心に、様々な食材をバランス良く取ることで身体の中から元気になることができます。
また、秋バテ予防には規則正しい生活も欠かせません。
朝はダラダラ寝続けずにシャキッと起きて太陽の光を浴び、夜更かしを避けましょう。
ゆったりとした気持ちで質の良い睡眠を取るようにして、一年のうちでもいちばん過ごしやすい秋を元気に有意義に楽しむようにしたいですね。

秋の夜長は癒しの時間【パジャマ屋の秋の夜長特集】
秋の夜長は癒しの時間【パジャマ屋の秋の夜長特集】
https://www.pajamaya.com/fs/pajamaya/c/0000000947

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA