オーガニックコットンアイテムで冬を快適に

こんにちは。パジャマ屋スタッフのミントです。

どんどん寒さが増すこの季節、近頃は暖かさ重視のインナーも増えてきていますね。
特に化繊のインナーは、薄手なので表に響かず暖かいので人気があるようです。
でも先日友達が「私、毎年冬になると化繊のインナーを着ていたんだけど、最近あれを着ると肌がかゆくなっちゃって、どうやら合わないみたい。」と言っていたんです。
どうやら化繊のインナーは暖かい反面、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうことも少なくないようで、素肌に着ることをためらってしまう方も多いみたいですね。

そんな冬のインナーにおすすめしたいのがオーガニックコットンです。
冬にオーガニックコットンなんて意外な感じがしますが、実はとっても優秀な生地なんです。

オーガニックコットンってどんな素材?

オーガニックコットンという呼び名、よく耳にしますが、具体的にどんな特性があるのでしょうか。

オーガニックコットンとは、オーガニック農産物の生産方法の基準に従って、農薬や肥料などの厳しい基準を守って育てられた有機栽培の綿花(コットン)のことです。
化学物質を3年以上使っていない農地で、化学肥料や農薬を使わずに栽培する必要があるオーガニックコットンは、厳格な審査を通過した、地球と人に優しいコットンです。

収穫されるコットンそのものには、オーガニック綿でも普通の綿でも変わりはありません。
無農薬の畑で作られたオーガニックコットンは、地球の環境に与える悪影響を少しでも減らそうという目的で作られています。
結果として有機農法で栽培された綿花を使い、糸から製品になるまでの全工程で化学薬品をできるだけ使わないようにして作られたオーガニックコットンは、肌が弱い人やアトピーの人でも安心して着られる素材となったのです。

冬にオーガニックコットンがおすすめの理由

寒い冬はできるだけ暖かい生地の衣料を着たいものですが、なぜ、オーガニックコットンが寒い季節に適しているのでしょうか。

オーガニックコットンは吸湿性・放湿性に富んでいる素材です。
私たちは夜寝ている間や、暖房の効いた部屋で過ごしている時など、冬でもいくらかの汗をかいています。
かいた汗を吸ったインナーをそのまま着ていると、冷たくなったインナーのせいでかえって体温が下がってしまいます。
そんな時、オーガニックコットンだったら汗をしっかり吸湿して放出してくれるので、インナーの中はいつでもサラッと快適。

更に、熱伝導率の低い空気を繊維内に多く含んでいるので、寒い時期でも体温を逃さずに暖かく過ごすことができるというわけです。
また、化学薬品をできるだけ使わずに作られたオーガニックコットンは、化学薬品による肌刺激がほとんどないので、肌が敏感で冬の乾燥に弱い人にもおすすめなんです。

パジャマ屋のオーガニックコットン製品

パジャマ屋では、オーガニックコットンを使った製品を多数取り扱っています。

<オーガニックコットン 七分袖レディースインナー【PRISTINE プリスティン】>

オーガニックコットン 七分袖レディースインナー【PRISTINE プリスティン】

冬場に着ることの多いニット特有のちくちく感、そしてレースのガサガサ感やシャツの縫い目のゴロゴロが気になる女性にぜひ着てほしいインナーです。
表に響きにくい薄手なのに、気持ちよい肌ざわりと暖かい着心地は、一度着たら手放せなくなります。

<はらまき付き ニットの薄手レギンス【PRISTINE プリスティン】>

はらまき付き ニットの薄手レギンス【PRISTINE プリスティン】

足腰が冷えて困るという女性におすすめのレギンスです。
お腹まわりにはたくさんの内臓が集まっており、足のつけ根には太い血管が通っています。
この部分を温めることで、冷えの解消や生理痛の軽減が期待できるんです。
はらまきとレギンスが一体型になっているので、クルクルとめくれたりズレたりすることがなく、お手洗いの時に整える面倒もありません。
乾燥や摩擦による刺激でかゆくなる内股も、吸湿性・保温性・通気性に優れたオーガニックコットンの優しい肌触りが包み込んでくれるので安心です。

お肌にやさしいオーガニックコットンアイテム
オーガニックコットンアイテム

四つ葉のクローバーならぬ、五つ葉のクローバー
同僚のスタッフからいただきました↓ 四つ葉のクローバーならぬ、五つ葉のクローバーです! 幸せが巡ってくる感じです。 ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA