人にも地球にも優しい、オーガニックコットン

こんにちは。パジャマ屋スタッフのミントです。

毎日身に着ける衣料品、特に下着やパジャマのような素肌に触れるものには、できるだけ肌にいい素材、優しい素材のものを選ぶようにしているという方は少なくありません。

シルクや綿などの天然繊維は、ポリエステルやアクリルのような化学繊維に比べて肌に優しい素材ですが、中でもオーガニックコットンは、肌に優しいだけではなく地球にも優しい繊維ということで人気が高まっています。
今回は、そんなオーガニックコットンについてお話していきたいと思います。

オーガニックコットンとは

近頃は、店頭やネットショップでもオーガニックコットンの衣料品をよく見かけるようになりましたね。
そもそもオーガニックコットンとは、具体的にどのような素材なのでしょうか

オーガニックコットンは、3年以上化学肥料や農薬を使わずに栽培された綿のことで、そのための土地作りから始めなければなりません。

そのため時間をかけて土にバクテリアを増やすことから作り始める必要があるのです。

オーガニックコットンを作るには、長い時間がかかります。

更にオーガニックコットンには農薬を使わないため、害虫の駆除も工夫されています。
害虫を食べてくれる益虫として知られているのが、テントウムシです。
テントウムシが害虫を食べてくれるおかげで、自然のサイクルがうまくまわり、農薬を使うこと無くオーガニックコットンの害虫を駆除することができるのです。

ここまで大切に育てられたオーガニックコットンの最後の作業は収穫です。
落葉剤という薬剤を使えば、ふわふわに育ったコットンボールをすぐに収穫することができますが、オーガニックコットンの場合、この落葉剤も使いません。
霜が降りて枯れ、自然とコットンボールが落ちるのを待って収穫するので、更に時間がかかるというわけです。

こうして手間と時間をかけて丁寧に丁寧に作られたオーガニックコットンですから、実際に農作業をする人達にとっても、地球にとっても、そして私たち着る人にとっても、優しい素材に仕上がるのです。

パジャマ屋で扱っているオーガニックコットン

PRISTINE プリスティン

パジャマ屋では主に【PRISTINE プリスティン】というブランドのオーガニックコットン衣料を取り扱っています。
先ほどお話ししたように、オーガニックコットンを育てる上で欠かせないテントウムシが、プリスティンのかわいらしいロゴに使われています。

プリスティンで使用しているオーガニックコットンは、アメリカのテキサス州(一部、インドやトルコ)で収穫されたものになります。
これらのオーガニックコットンは、テキサスの農務省が設けている厳しい基準を通ったもののみを輸入しています。

オーガニックコットンを十分な量安定的に生産できる環境にあるアメリカから輸入していますが、その後の加工は全て日本で行っています。
日本に引き継がれてきた技術を生かして、糸や生地、製品づくりをしているため、安心安全な衣料が完成します。

プリスティンのオーガニックコットン素材を使ったパジャマは肌への刺激が少なく、毎日着たくなるような心地よさで、肌の弱い方も安心して着ることができます。
肌にあたらないよう、縫い代をできるだけ袋縫いにするなど、縫製にもこだわっているので、毎日気持ちよくお過ごしいただけます。

パジャマ屋では、パジャマ以外にも靴下や下着類など、オーガニックコットンを使った様々な商品を取り扱っていますので、肌に優しい衣料をお探しの方は、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

オーガニックコットンのお肌にやさしいアイテム
オーガニックコットンのお肌にやさしいアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA