■ ■震災による弊社の取り組みについて■ ■ │ パジャマ屋

■ ■震災による弊社の取り組みについて■ ■のページです。パジャマ専門店 パジャマ屋の本店サイト。やさしい着心地や風合にこだわりを持って作り上げられたパジャマは大切な方への贈り物にも大好評♪ラッピングも無料or有料をお選びいただけます。

パジャマ通販のパジャマ屋 > インフォメーション > ■ ■震災による弊社の取り組みについて■ ■







被災地支援としての、弊社の取り組みについて
2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災、現実とは思えないほどの甚大な被害状況に
心が痛むばかりです。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々、ご家族、関係者の皆様に心より
お見舞い申し上げます。

弊社と致しましても微力ではございますが、被災地復興のためにできる限りの事をさせていただこうと思い、
私どもが運営する『パジャマ屋・プチフィーの売上の一部』、『被災地復興支援オークションの全売上』、
『パジャマ屋10周年 社内行事の縮小による拠出』、『節電de義援金捻出作戦』等によりまして、

2016年8月18日までに、【合計 722,688円】

を義援金として寄付させていただきました。
皆様のご協力に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました!
今後も引き続き、私たちにできること、少しでもお役に立てるような事を考えていこうと思います。

一人一人にできる事は小さい事かもしれませんが…

『みんなの心が温かくなるために』

パジャマ屋 店長 熊坂泉



■パジャマ屋は『プロジェクト結(ゆい)』の活動に賛同し協力します


【プロジェクト結】
被災した子供たちの学びの創造的復興を支援して、子供たちの本当の意味での心のケアを支えていく
プロジェクトです。

【代表者メッセージ】
子どもたちの心のケアの必要が言われています。
でも、今求められている本当の「心のケア」とは何でしょうか?
私はこう考えています。
「やりたい人」が「できること」を「やれるだけ」やる。
「復興支援」などと大きく構えず、子どもたちに寄り添いながら、一緒の時間を過ごす。
子どもたちは、そういう私たち大人の姿を見て育っていくのではないでしょうか。
こんな時だからこそ、個人・NPO・企業・行政などの立場の垣根を越え、皆で力を合わせる。
本来すべきことを、今こそ行うべきなのだと思います。
いま「自分に何ができるだろうか」と考えている大人の方々には
ぜひ結で一緒に活動していただきたい。あなたにもできることが必ずあります。
そして、それをつなげ合わせることで、はじめて、震災に見舞われた子どもたちの心に届く支援が
できるのだと思います。

プロジェクト結コンソーシアム
理事長 長尾 彰









Amazonのアカウントをお持ちのお客様へ

当店はご注文の際に、アマゾンの登録情報を利用して安心&簡単な操作でご注文いただけます♪ アマゾンアカウントでお支払い

お買い物で困ったら

お買い物案内

営業日カレンダー


土曜日・日曜日・祝日は
基本的に業務休業日
となっております。